相姦の赤い河岸 ネタバレ14話【友美と香奈の子供の頃が悲しすぎる!】

まんが王国で無料試し読み!!

無料試し読みはこちら!!

クリック

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎  ⬇︎

>>まんが王国<<

黒澤R先生作「相姦の赤い河岸」

4巻ネタバレと感想を紹介したいと思います。

 

香奈に叔父に何なされなかった?と聞かれ、

答えに戸惑う友美。

 

 

一方、要は仕事に手がつかず悶々としていましたが、

友美からメールがあると安心したと同時に・・・

 

 

前回の記事はこちら

⇨相姦の赤い河岸 ネタバレ13話【友美のことが気になってしょうがない要が切なすぎる!!】

 

 

 

 

相姦の赤い河岸の詳細

 

作品名  :相姦の赤い河岸

かな   :そうかんのあかいかし

著者名  :黒澤R

ジャンル :恋愛

配信   :7巻まで配信

価格   :1巻400円

 

 

相姦の赤い河岸のネタバレ

友美が小学生の頃は、家に帰っても誰も

いませんでした。

 

 

家にはお金が置いてあるだけ。

 

 

 

金額は結構シビアであったため、

限られた予算でやりくりするのが

得意になっていました。

 

 

「幼児置き去りじゃない?」

 

 

友美が話すと香奈に笑われます。

 

 

でも友美にとっては楽しい経験だったようです。

 

 

一方香奈は母から料理を教わっていました。

 

 

 

しかし父が死んでしまってから、母は変わって

しまったといいます。

 

 

すぐに再婚するのですが、その男は前夫と似たり寄ったり。

 

 

結婚した男は仕事が忙しいので、息子の

ユウキの面倒を見れませんでした。

 

 

ユウキはなんとか母と香奈と打ち解けようとして

いましたが、香奈は義理の兄のことが苦手

でした。

 

 

 

それを聞いて友美は要の彼女のことを思い

出すのですが・・・

 

 

 

相姦の赤い河岸の感想

 

友美の過去も香奈の過去もいろいろ訳あり

でした。

 

 

お互い内容は違えども、順風満帆な

人生ではなかったということです。

 

 

そして香奈と義理兄の関係を聞いて、

要と彼女の関係を思い浮かべるのですが、

そこでの彼女の自分への視線がとっても

気になったようです。

 

 

一体どんな視線だったか、

詳しくはぜひ本編をご覧くださいね♪

 

 

 

相姦の赤い河岸はまんが王国で読むのが

オススメです!!

 

 

まんが王国は電子書籍サイトでは大手で、

多くの電子書籍を読むことができます。

 

 

特にこういう漫画は電子書籍でこっそり

読むのがいいですよね。

 

 

無料試し読みもできますので、ぜひ

読んでみてくださいね!

 

まんが王国で無料試し読み!!

無料試し読みはこちら!!

クリック

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎  ⬇︎

>>まんが王国<<