相姦の赤い河岸 ネタバレ12話【自分のしたことに後悔する友美がとった行動とは・・・】

まんが王国で無料試し読み!!

無料試し読みはこちら!!

クリック

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎  ⬇︎

>>まんが王国<<

黒澤R先生作「相姦の赤い河岸」

3巻ネタバレと感想を紹介したいと思います。

 

 

友美が初めて要と出会った時、友美の両親は

仕事も特にしてないダメ夫婦でした。

 

 

要の兄の聡は友美をやるといいますが、

要はそんなこと言わずに幸せになってくれと

願うのですが・・・

 

 

 

前回の記事はこちら

⇨相姦の赤い河岸 ネタバレ11話【友美の両親がダメ夫婦すぎて悲しすぎる・・・】

 

 

 

 

相姦の赤い河岸の詳細

 

作品名  :相姦の赤い河岸

かな   :そうかんのあかいかし

著者名  :黒澤R

ジャンル :恋愛

配信   :7巻まで配信

価格   :1巻400円

 

 

相姦の赤い河岸のネタバレ

友美は家を出て河川敷の橋の下で、要を傷つけてしまった

と反省していました。

 

 

要に迫ったことにより、要の幸せな未来を自分が

奪ってしまったと罪悪感を感じていたのです。

 

 

さらには自分が要に与えた苦しみを全部返してほしかった

と思っていましたが、それも結局は自分の都合だと

気付きます。

 

 

「もっとしたかった」

 

 

こう思っていることも恥ずかしく思うようになります。

 

 

友美は親しい友人の香奈の元を訪れます。

 

 

 

香奈はネイルの勉強中で、友美が買ってきた大量の食糧に

大喜び!

 

 

友美の爪はボロボロだったので、宿泊料として自分の爪を貸して

香奈のネイルをしてもらいます。

 

 

香奈は男が大嫌いだと断言しますが、その時

誰かが部屋のドアをドンドンと叩いたのです。

 

 

友美が不審がると、香奈は義理の兄だと言います。

 

 

義兄はドア越しにお母さん心配してると言いますが、

香奈は友美に嘘、心配するはずがない、あいつまた私に

変なことしに来たんだと思うと怯えています。

 

 

「気持ち悪い、家族なのに。なんでそういうこと

できるの?最低だよ」

 

 

という香奈を友美は・・・

 

 

 

 

 

相姦の赤い河岸の感想

 

友美は自分のやったことに反省していましたが、

確かに要のことを考えれば要の幸せを奪った行為

かもしれませんね。

 

 

しかも親友の香奈から、なんで家族であんなことできるの?

信じられないと言われると、さすがに友美も参ってしまいます。

 

 

友美にとっては一番辛い時期でしょうね。

 

 

純粋に要のことが好きなだけなのに・・・

 

 

心の中ではそう思っていると思います。

 

 

 

 

詳しくはぜひ本編をご覧くださいね♪

 

 

 

相姦の赤い河岸はまんが王国で読むのが

オススメです!!

 

 

まんが王国は電子書籍サイトでは大手で、

多くの電子書籍を読むことができます。

 

 

特にこういう漫画は電子書籍でこっそり

読むのがいいですよね。

 

 

無料試し読みもできますので、ぜひ

読んでみてくださいね!

 

まんが王国で無料試し読み!!

無料試し読みはこちら!!

クリック

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎  ⬇︎

>>まんが王国<<